Top

管理人:ジョゼ 何かを間違えている高校2年生。吹奏楽部の部長のくせに軽音楽部に間違えられる能力を持つ。最近の悩みが、襟足が痛み。
by west-drive
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

造花が笑う
こないだは、本について書いた。
だから、今日はCDについて書いていこうと思う。

僕は、CDを買うのが趣味だ。
なんの、CDって吹奏楽部員なので、吹奏楽のCDもあったりするが、
やはり基本的には今のロックのCDだ。
高2の分際で自分で買ったCDはそろそろ200枚くらいになると思う。
だから、今後、買ったCDのレビューでもしていきたいと思う。
そんな、今日は1回目。

ナルキッソス/サディスティック・ミカ・バンド

c0035343_23525946.jpg


木村カエラをボーカルに迎えて、復活した伝説のバンドこと、「サディスティック・ミカ・バンド」
の17年ぶりとなる最新アルバム。
僕が、このサディスティック・ミカ・バンドの若々しきころの時代を知っているわけがないが、それでも名前だけはどこかで耳にしている。
名曲、「タイムマシーンにおねがい」は僕がまだ保育園児の頃、
ポンキッキーズで流れていたため、聞いたらなんとなく・・・。
とか、どこかで聴いた気がする、僕ら世代もいるんじゃないかと思う。
木村カエラが歌う「タイムマシーンにおねがい」は力強く、
ミカとは全く違う「タイムマシーンにおねがい」を歌ってくれている。
木村カエラの新境地が開拓されている。
開拓させたこの「サディスティック・ミカ・バンド」という親父たちはカッコよく、スゲェと思う。

60歳をすぎてもこの若々しいメロディーライン。
若者から親父世代までを虜にさせ巻き込ませる木村カエラとサディスティック・ミカ・バンド。
きっと、後世に伝えていくべき、そんな完成度を誇る一枚だ。




明日は、また本のレビューを書きます。(笑)
[PR]
by west-drive | 2006-11-04 23:51
涙目に目薬
以外と僕は本が好きだ。
その世界観の想像というのは読んだ人しかできなくて、
一冊の本で、それぞれの価値観があって考え方がある。
だから、自分の好きな本というのが、一人一人にあるだろう。
僕が好きな本の中で、最近、注目しなおされた一冊がある。

恋愛寫眞-もう一つの物語/市川拓司

c0035343_235110100.jpg


「いま、会いに行きます。」の作者、市川拓司が今から3年前に書いた作品だ。
最近、「ただ君を愛してる」という映画が公開されたが、その原作として注目されている。

僕はこの作品を3年前に読んだ以来、恋愛小説の中で一番好きだ。
恋愛小説をたくさん読んでいるわけではないが、僕の大事な一冊だ。

恋は自由にしていいものだけど、自由だからこそ難しいのだと思う。
そんなことを読み終わって考えた。
恋するためには出会いが必要で、でも出会いってある意味、奇跡なんやと思う。
読み終わって心が温まり、価値観変えてくれる一冊です。
みなさんもブームにのって、読んでみてください。

僕は、映画観に行ってまた久しぶりに読みますから(笑)
[PR]
by west-drive | 2006-11-02 00:06